2講座の大学生日記

九州大学建設設計工学研究室(2講座)の日々の出来事を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラウンディング視察/yoshioka

景観グループ プロジェクト日記

「ラウンディング視察」
スポンサーサイト
  1. 2007/04/25(水) 21:24:20|
  2. link
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みなとオアシスからつ/yoshioka

景観グループ・プロジェクト日記

「みなとオアシスからつ」
  1. 2007/04/20(金) 21:00:00|
  2. link
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCM報告会 / kobayashi

昨年より,当研究室と吹付け協会(RC構造物のポリマーセメントモルタル吹付け補修・補強工法協会)で行っていた共同実験の報告会を4/16(月)に開催しました.
実験報告会には,発注,設計・施工側ともに多数の参加を頂き,約2時間にわたり,『ポリマーセメントモルタル(PCM)吹付け工法による既設RC橋脚の耐震補強実験』について,報告および質疑応答が行われました.

報告会では,最初に九大 日野教授が本研究の背景や工法の特長などを説明し,次に吹付け協会 竹内氏が吹付け協会の紹介および施工状況を説明しました.
日野先生
▲日野教授
takeuchi
▲吹付け協会 竹内氏

続いて,吹付け協会の中村氏(当研究室卒業生)から実験供試体の詳細な説明が行われた後に,九大 山口助教が実験結果について説明し,考察を述べました.
nakamura
▲吹付け協会 中村氏
yamaguchi
▲山口助教

最後に,吹付け協会 石田氏が吹付け工法の実橋への適用事例を紹介しました.質疑応答では,発注側から耐震補強の現状,施工側からは現場での施工管理等について有益な意見交換がなされました.
ishida
▲吹付け協会 石田氏
  1. 2007/04/20(金) 16:43:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新4年生来室&歓迎会!/Hiroshi

新4年生が来て早1週間。
最初は緊張気味でしたが、早速プロジェクトのお手伝いに始まり、あわただしい日々が始まってます。今年は景観チームには研究員として伊東さんも来たし、加えて彼らの個性で研究室がまた新しいイロになっていくことでしょう。

というわけで、歓迎会!
移転したばっかりで、せっかくなので学内でBBQを。
BBQ.jpg

その後、研究室にてまったりと。
lab.jpg

4年生は、プロジェクト、院試、論文と大忙しですが、共に頑張っていきましょう!
これからよろしくお願いします!

  1. 2007/04/17(火) 23:31:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建設設計工学研究室の紹介/Hiroto

研究室として,今年度初投稿となります.緊張のトップバッターです.

ということで,今回は建設設計工学研究室の部屋の中をお見せしちゃいます.
引越しをして一ヶ月.どのような感じになっているのでしょうか・・・
ではでは,研究室を紹介します.

これが,建設設計工学研究室の扉です.研究室の顔です.
どこの研究室も同じ扉ですが,研究室のカラーを決めるものとして重要な扉.
これからカラーを出して行きたいと思います.
2講座・玄関


中に入って左側を見渡すと,景観グループのスペースとなります.
景観①

景観②

どこかのアトリエのような感じの,センスのある空間になっています.
参考にしたい空間です.さすがです,景観チーム!

そして,視線を反対側へ移すと,構造グループのスペースとなります.
構造①

構造②

こちらはオフィスという感じの空間となっています.
これから新4年生も加入して更に賑やかな空間になることでしょう.

新・研究室1年目,今後の研究室の有り方を決めるというプレッシャーもあり,初めてのことだらけで不安もあり,おもしろさや楽しさという期待もあり・・・
これら全てひっくり返して,まとめて,エネルギーに転換して,
新しい建設設計工学研究室の歴史を刻んでいきたいと感じる今日この頃です.
みなさん,見て頂けましたでしょうか?これからの建設設計工学研究室をよろしくお願いします!
  1. 2007/04/10(火) 20:02:51|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。